無料
na×5のblog 余りを求める関数

余りを求める関数
割り切れない計算の場合、計算式に直接割り算を入力すると余りを求めることが出来ません。

ココで、余りを求める関数を紹介します。
MOD関数を使います。時間の計算など小数点以下で表記されても分かりにくい場合はとても便利です。

例えば138分という時間を○時間○分と表記したい場合
まず、小数点以下切捨ての関数(INT)関数を使って○時間の部分を出します。(時間と分は別のセルに答えを出します。)式は=INT(138/60)

次に、分を出したいセルに=MOD(138,60)と入力します。(もともと割り算の余りを求めることが目的の関数なので、「/」を間に入れる必要はないです。)

コレであまりの分数が出てきます。


http://toolbox.fuji-voice.com/?eid=100593
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © na×5のblog. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。