無料
na×5のblog 2007年07月

同じファイルのシートを並べて見る方法
同じファイルシートを並べて確認する時の方法を紹介します。

使い方

まず、ウィンドウをもう一つ設けて1つのファイルを2つのウィンドウで見れるように設定します。

メニューバーツールウィンドウ新しいウィンドウを開く
を選択します。
この作業で1つのファイルが別のウィンドウで表示できます。

あとは片方のウィンドウのシートを変えれば完成です。
スポンサーサイト
エクセルにパスワードを設定
エクセルにはパスワードをつける機能があります。エクセルパスワード設定する方法を紹介します。

使い方

まず、通常どおり「名前をつけて保存」の作業をします。
その際名前をつけて保存ダイアログボックスのツール選択して全般オプションを選択してあとはパスワードを入力してください。
OKボタンを押せばパスワードがつきます。

ファイルを開くときにパスワードを聞いてくるのでそこにパスワードを入力すればファイルを開くことが出来ます。

新規作成の時のシート数
ブック新規作成したときのシートの数は初期設定では3枚になっていますが、これを変更する方法を紹介します。

使い方

メニューバーのツールオプション 
全般タブ新しいシート数の変更する。

これで新規作成のブック数変更することが出来ます。




削除・追加にも対応できる連番の作り方
名簿などに連番をふったとき、データ削除追加をした場合に、また連番を作り直す必要があります。
でも、関数を使うと連番がの部分を自動的に作り直すことが出来ます。

使い方

例えば連番のスタート位置がA2だった場合
A2に =row()-1と入力します。
ROW関数は行番号を返す関数なので、ROW関数だけだと表示が「2」からスタートになってしまいます。
「-1」をすることで「1」からのスタートにすることが出来ます。
Copyright © na×5のblog. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。